So-net無料ブログ作成

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:すべては在る・・・、それだけなのです 」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:すべては在る・・・、それだけなのです 」



(ここから)


今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

宇宙はあるひとつの意識からはじまりました。

その意識を私たちは絶対無限の存在と呼んでいます。


そして、すべてはその意識の分身なのです。

あなたも私も、宇宙に存在するすべては絶対無限の存在の分身(小さな

絶対無限の存在)なのです。

だから、あなたも私も、隣の人も、他の宇宙人たちも、みんな絶対無限の存在

そのものだということです。


ならば、どうしてこんなにいろんな存在がいるの?・・・

アシュタールはレプティリアンたちが私たち人間を支配・コントロールしているって

いうけど、そんな悪いことをしている宇宙人も絶対無限の存在なの?

絶対無限の存在って何?どういうことなの?・・・という疑問についてちょっとお話し

したいと思います。


宇宙は意識です。

意識はエネルギーです。

絶対無限の存在は意識エネルギーです。

ですから、もちろん私たち分身も意識エネルギーです。


そして、エネルギーは判断しません。

この意識はいい意識で、この意識は悪い意識だ・・という判断はないのです。

良い悪い、善悪、という規準もありません。

すべては在る・・それだけなのです。


絶対無限の存在は、自分が何者なのかを知りたくて、自分の意識をたくさんに分けました。

そして、その分身たちに何をしてもいいから、自由に体験してほしいと思ったのです。

だから、たくさんの個性が生まれました。


あなた自身を見ていただければわかると思います。

あなたの中にもたくさんのあなたがいますね。

優しいあなた、素直なあなた、意地っ張りなあなた、意地悪なあなた、こずるいあなた、

理性的なあなた、感情的なあなた、頼もしいあなた、・・・数え上げれば切りがありません。


そのなかで、いまどのあなたが大きな表現をしているか・・ということです。

それは、状況やときによってまた変わってきます。

同じあなたでも、交流する人によってまたあなたの表現も変わります。

ずっと何があっても優しいあなたしか表現しないということはありませんね。

ずっと意地悪な表現ばかりでもないでしょう。

人には笑顔を出さなくても、犬には笑顔で接するということもあります。


絶対無限の存在も同じなのです。

絶対無限の存在にもたくさんの表現があります。

愛にあふれた表現をする存在もいれば、愛とは離れた表現をする存在もいます。

でも、愛から離れた表現をあなたにみせたとしても、他の存在には愛にあふれた

表現をするかも知れません。


あなたの中にたくさんのあなたがいるように、絶対無限の存在の中にもたくさんの表現が

あるということです。

あなたの中に意地悪なあなたがいるからと言って、あなたが悪の存在だということは

ありませんね。

たまたま、状況や交流する相手とのやり取りによって、あなたの中の意地悪なあなたが

ちょっと顔を出した・・ということなのです。


どうして私の中にそんな意地悪な部分があるの?・・って思うときがあるかもしれませんが、

それは絶対無限の存在の中にもあるからです。

いろんな個性があるから、いろんな体験が出来、自分が何者かがわかるヒントが増えるのでは

ないかと思い、絶対無限の存在はたくさんの相反するような個性の分身を創ったのです。


だから、そこには判断はないのです。

この個性は良い、これはダメ(悪い)という判断はナンセンスなのです。

すべては、貴重な体験をしてくれる分身だということです。


そして、分身同士、お互いの経験をしているのです。

ある分身が優しさの経験をしたいと思えば、優しさを感じさせてくれる分身と交流するのです。

ある分身が、私は優しいという感情を体験したいので、優しさを体験させてくれる分身は

いませんか?・・とエネルギー場(宇宙)にたずねるのです(優しさを体験させてくれる存在

をオーダーするのです)

そして、私がその経験を手伝いましょう・・とオーダーに答えてくれる存在が現れる

ということです。

何度も言いますが、体験に良い悪いはありません。

すべては絶対無限の存在にとって素晴らしい貴重な体験なのです。

楽しい、軽い体験ばかりでは、偏ってしまうのです。

同じ経験ばかりの物語では、どうですか?つまらないと思いませんか?

ですから、その反対の物語も必要になってくるのです。


分身同士、いろんな相談をして、たくさんの経験、体験をして、本体の絶対無限の存在の

情報の海にいれているのです。

一方的にある分身が、違う分身にムリヤリ体験させているのではないということです。

そして、絶対無限の存在はその情報を受け取っているのです。


あなたは(私も、隣の人も)絶対無限の存在の分身なのです。

小さな絶対無限の存在なのです。

だから、あなたの中にもたくさんの個性のあなたがいるのです。


あなたの中のたくさんの個性を楽しんでください。

この個性は良くて、この個性は悪い・・と言う判断はナンセンスだとお伝えしたいと思います。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう、アシュタール!感謝します。


(ここまで)



レブティリアンが私たちを奴隷として使役するために遺伝子技術によって創ったという

観点からすれば、レブティリアンは悪い存在でとても許せるものではないというのは

普通の考え方です。

しかし、アシュタールはそうした存在も宇宙の始まりの意識がすべてを体験するために

自分自身を認識する役割を持たせたということから、すべては同じと教えます。

到底私たちには受け入れがたいことかもしれません。

そのために棲み分けと言う考え方をアシュタールやさくやさんは勧めています。

その棲み分けによって互いに干渉することがなくなるので両者は個別に存在できます。

つまり、今の地球の変化は私たちの棲み分けと言う考え方のとらえ方次第ということです。

そこには良い悪いという判断基準ではなく波動が異なるという基準に変わって行きます。


これからはそうした考え方に変わって行くことでしょう。







nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。