So-net無料ブログ作成
前の6件 | -

台風19号の発生メカニズムを専門家が徹底解説! [世界の異常気象]

台風19号の発生メカニズムを専門家が徹底解説!既存の科学は何も説明していない」 大気圧と雨も”電子の移動”が生み出していた!




(ここから)

taifuu19_01.jpg

12日(土)~13日(日)にかけて、台風19号が非常に強い勢力を保ったまま日本列島に上陸する見通しだ。それに伴い首都圏ではJRが計画運休を発表するなど、交通機関への影響も甚大だ。今年9月の台風15号では千葉県で断水、停電、家屋損壊など大きな被害が出たが、今回の台風19号もそれに劣らない暴風になる恐れがある。

 ところで、電気的宇宙論の専門家である平清水九十九氏によると、従来の科学的説明では台風の発生を十分に説明できていないという。

 前回は「台風と地震の密接な関係と台風19号が東京に向かって進んでいる理由」を説明してもらったが、今回はプラズマ電気宇宙論のひとつであり、電磁気現象で自然を解明する「電気的宇宙論」を地球科学に拡張した「電気的地球科学」の見地からより深く台風現象を解説してもらった。



――物理・IT・電気的宇宙論の専門家、平清水九十九が解説!

■気圧は電位差が作っている


taifuu1_02.jpg

 一般的に、大気圧は重力による空気の重さが積み重なって、地表では約1気圧の圧力を作っていると説明される。ところが、土星の衛星タイタンは、重力が地球の0.14倍しかないにもかかわらず地表では1.5気圧もある。金星は地球の0.9倍の重力で90気圧ある。これらは、大気の厚さ、重力では説明できない現象だ。

 たとえば、空気を容器に詰めてぶんぶん回転させると圧力が発生するだろうか? 固体や液体の場合、手でぐるぐる回すだけで、遠心力が発生する。水を入れたバケツを手に持って回転させたことがあると思うが、重力の数倍の遠心力を人間の力で発生させることができる。

 ならば、同じ速度で空の容器を回せば、数倍の遠心力が発生するので、容器内部には数倍の気圧が発生するはずだ。遠心力と重力は等しいという等価原理がある。これは相対性理論を成立させている重要な原理だ。等価原理が正しいなら、容器に詰めた空気を回転させると圧力が発生するはずだが、じっさいにやるとそうはならない。空気分子は秒速400m以上という高速で走り回っているので、ちょっとやそっとの回転速度では、ほとんど影響がないからだ。


では、大気圧とは何なのか?

 実は、金星、タイタンの上層大気には、地球の数倍の電位差が存在することが観測衛星でわかっている。また、地球大気には地表で1mあたり100Vの大気電位が存在する。大気電位は上昇するにしたがって、1mあたりの電位差が小さくなり、高度30km付近で0Vになる。この高度では気圧も0だ。

taifuu19_03.jpg

 イオン風という現象がある。イオン風は高圧を加えた電極間に空気の流れができる現象だ。大気では、大気電位がイオン風を下向きに起こしている状態といえる。つまり、「大気圧は大気電位が作り出している圧力」なのだ。

 一般には高気圧、低気圧は空気が太陽熱で暖められる結果、空気の密度が変化するために生じると説明される。しかし、空気が少し混ざると熱は平衡状態になるので、圧力差もなくなる。一方、電気的地球科学では、高気圧は地表と電離層の間の電圧が高くなるために、低気圧は電位差を埋めるために、地表からは電子、電離層からは陽子が移動している状態と考えている。気圧は電気的な現象なのである。



■雨は空中で合成される

 通常、雨は蒸発した水蒸気が過飽和状態になり雲を作り、そこから結露した水が雨となって降ると説明される。しかし、1時間に100ミリ以上の豪雨が降る理由は、過飽和水蒸気では説明できない。少し雨が降ると空気中の水蒸気が減るので過飽和状態ではなくなるからだ。この動画を見て欲しい。滝のように降る雨は過飽和水蒸気ではないことが直感できる。



 低気圧は地表から電子が、電離層から陽子が移動している状態だと説明したが、実は雨は地表と電離層の間の空中で合成されているのだ。大気の成分は窒素と酸素だ。酸素に紫外線が当たるとオゾンになる。オゾンは電離層から降ってくる陽子、水素イオンと出会うと水になる。このときオゾンと水素イオンを結合させるのが電子だ。



 オゾン、水素イオン、電子の3つが出会うことで雨が降る。ある調査では大量に雨が降っている時、酸素濃度が低下することが観測されている。気象衛星ひまわりの動画を見ると、夜が明けるとき、大量の雲が発生している瞬間を見ることができる。これは2018年7月の豪雨のときの動画だ。夜が明けるとき、雲が沸きあがるように発生していることがわかる。



■なぜ、地表では風が吹かない?

 ここで、台風に関するもうひとつの難問を取り上げよう。地球が自転していることは誰もが知っている。まったく実感できないが、赤道付近では時速1700km以上で地面が動いているのだ。日本付近の緯度でも1400kmの移動速度だ。ところが、これだけの速度で移動しているにも関わらず、地表にはほとんど風が吹かない。通常、地球の自転により地表で風が吹かないのは、大気が慣性で地球と一緒に回っているためだと説明される。ところが、気体にはほとんど慣性が働かないのだ。扇風機で風を送ることを考えればすぐにわかる。部屋の中で扇風機を回しても、風はすぐ近くでしか感じられない。

 仮に空気に慣性があったとしても、地球の回転により常に空気をあおってやる必要がある。つまり、地上の山や建物が扇風機の羽根の役割をして、空気を自転方向に押し出すことが必要なのだ。たとえば、日本なら地面は秒速400mで動いているので、富士山や高層ビルが空気を押していることになる。猛烈な風が常時吹いていることが想像できるだろう。


ところが、実際の地表にはほとんど風がない。台風が来ても秒速40mくらいの風が吹くだけだ。計算上の10分の1しかない。なぜ、地表では風が吹かないのか? これは誰も気が付かない大問題なのだ。

 さて、電気的地球科学では地殻から電子が電離層に向かって移動していると予想している。電子の移動が大気圧の原因だ。電荷が移動するとき、回転力が生まれる静電モーターがある。片側から静電気を加え、もう片側から放電させると静電気を移動させている物体が回転するのだ。



 地表付近から上空に電子が移動するとき、電子を伝える大気が静電モーターとして機能する。すると、地表付近の大気は地球の自転と一緒に動いていく。高度が高くなると電子が放出されるので、静電モーターの効果が薄れるので、風が次第に強くなっていく。これが地表で風が吹かない理由だ。

 以上が電気的地球科学からみた台風発生のメカニズムである。前回の「台風と地震の密接な関係」でも指摘したように、現在日本列島に接近中の19号は、首都圏を直撃すると予想されているが、ちょうど、10月9日16時48分ごろに東京直下でM3.5の地震があった。この原因となった電子の沸き上がりが台風19号を引きつけている可能性が高く、東京を中心に大きな被害が出ることが予想される。防災対策は十分にしておきたい。

文=平清水九十九

(ここまで)


これは、電気的地球科学から見た雨がどうして出来るかということを説明して

いるものですが、従来、私たちが学校で教えられていることが嘘っぱちだと

いうことがよくわかります。

台風の気象操作もマイクロ波で電子を発生させてやっているものだと思います。







nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

オレンジャーからのメッセージ「理想の一日」 [アセンション]

オレンジャーからのメッセージ「理想の一日」



(ここから)

おれはオレンジャー!

あなたにとって
理想の一日とは
どんな一日だろうか

何をしているだろうか
誰と会っているだろうか

あなたの理想とする
一日がイメージできたら
是非その一日を
現実のものにしてもらいたい

理想の一日を
現実に過ごすことによって
得られる感覚や感情を
じっくりと観察するんだ

思い通りの
感覚の人もいれば
実は現実にしてみて
初めて自分がそれを
求めていなかったことに
気付くこともある

でもそれは
体験してみないと
分からない

是非一度
ためしてほしい

あなたの理想の一日を
近々現実にするんだ

今日はこんなところだ
じや!

(ここまで)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:江戸時代の人たちの生活って・・・」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:江戸時代の人たちの生活って・・・」



(ここから)


ワークショップの中で、江戸の庶民の人たちの暮らしを教えてください。

どうしてあんな独特な文化が生まれたんですか?・・というご質問を

いただきました^0^

江戸の人たちってどんな生活をしてたの~~??

・・ということで、教えてアシュタールぅ~~^0^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

江戸の人たちはとても豊かでした。

だから文化も豊かに育ったのです。

豊かでなければ文化は生まれないのです。


ですので、江戸の頃は幕府の悪政、身分制度などによって苦しい

生活を余儀なくされていたということはありません。

江戸の人たちはとても自由でした。

住むところも、職業も、起きる時間も寝る時間も働く時間も

自由に自分で決めていました。


そして、彼らはとても受け取ることが上手だったのです。

だから提供しあう社会を創造することが出来たのです。

誰かが何かをくれるということに、何も思わず素直に受け取ることが

出来ました。

そして、必要ないと思うものは素直に必要ないですと言うことが

出来たのです。

これはとても重要なことです。

素直に受け取ることが出来るからこそ、素直に提供することが出来るのです。

素直に受け取ることができ、素直に提供することが出来るから、

エネルギーは回るのです。

だからみんなが豊かでいられるのです。

分かりますか?


受け取ること、いただくことに、何か悪いなとか、お返ししなきゃ

いけないとか思うと素直に受け取ることが出来なくなります。

そして、いただいた人にだけお返ししようと思ってしまうのです。

そうなると双方向だけのやり取りになります。


受け取ることに素直になれば、素直に人に差し上げることも出来るのです。

これを上げたらどう思われるでしょうか?何か負担を感じさせて

しまうのではないでしょしょうか?などと深読みをしなくてすみます。

深読みをしてしまうから上げることやもらうことに躊躇してしまうのです。

そして、いまはそれは必要ありませんということも出来なくなって

しまい、必要ないものをいただいて困ったなとか思うことになるのです。

でも、もらったからお返ししなければいけないなどと思って負担に

感じてしまうのです。


そのような社会ではエネルギーは回りません。

みんなが受け取り上手になって、断ることにも何も感じず、断れても

何も思うことなく、人に自分の出来ることを提供することが出来れば、

必要なエネルギーはグルグルとまわり、みんなの手に渡るようになり

みんなが豊かになるのです。


そして、受け取ること、上げること、断ることが出来るようになれば

物質的にもこころも豊かにいられますので、人のことが気にならなく

なります。

いい意味で無関心でいられるのです。

誰が何をしてもOKと考えられるようになります。

(じゃあ、人の物を盗んだり、意地悪したりすることも自由でOK

なのですか?などと質問しないでくださいね、自由で豊かでいると

人は満足し、ご機嫌さんでいますので人から何かを盗もうとか

意地悪しようとか思いません。人の物を盗んだり、意地悪したり

するのは自分の中が枯渇していてエネルギーが不足しているから

ですので、まったく違う話になります)


誰が何をしていてもOKということで自由への介入もしなくなります。

誰がどんな表現をしてもOKだったのです。

人の目や評価ではなく、自分が創りたいもの、画きたいものを素直に

表現出来たので、とても独特な自由な文化が生まれたのです。


性的な表現もとても自由でした。

男女が宗教的な倫理観や道徳観で縛り合う、監視し合うような

こともなく自由な交流をしていました。

男尊女卑という考え方もほとんどありませんでした。

(少しは宗教的な概念が入っていましたが、今のようにはっきりと

した男尊女卑的なことはありませんでした)

男女の役割などははっきりとなく、得意なことを受け持っていた

ということです。

いまのような結婚制度もなかったので不倫や浮気などの

概念もありませんでした。

子どもはみんなで育てるという感じでした。


いまの教育で刷り込まれてしまった江戸時代の人たちの生活とは

まったく違う生活だったということです。

いまの教育では明治維新を良い出来事とするために江戸時代をひどい

時代だったと教えているのです。

教育だけでなく映画やテレビや小説でどんどん江戸時代の人たちの

生活を実際とは違う形にしてしまっているのです。


最初にもお話ししましたが、自由で豊かでなければ文化は生まれ

育たないのです。

とても素晴らしい文化があったということは自由で豊かだったと

いうことなのです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう、アシュタール!感謝します。


(ここまで)

改めて考えてみると、江戸時代というのは本当に自由な時代だったと

思います。

特にSEXに関して言えば、今の様な男女関係をがんじがらめに制限したり

法的にも周囲のしがらみにおいても自由だったことがわかります。

互いに好きな男女が一緒になることもSEXをすることも今の様な不倫と

いう概念はなかったものと思います。

まあ、いろんな人がいるので、中には離さない人もいたでしょうけど

多くは合わなければそのまま別れ、別の異性と結ばれたのでしょう。

今の時代でも子供に関して言えば、最初の第一子が他人の子である確率が

20%くらいあるというデータもあり、そのまま自分の子として育てている

ようなので、あまり実子ということに縛られることもないような気がします。

もし、互いに知らなければそのまま兄弟として育ち、何ら違和感のない

兄弟姉妹になります。それを知ったとしても世間的な考えを知らなければ

誰もそんなことは気にしないことでしょう。

ある意味、事実を認めさせる法律も悪い影響を及ぼしていると思いますね。







nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:blog

破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:社会はもう飽和状態・・・」 [アセンション]

破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:社会はもう飽和状態・・・」



(ここから)


今日の破・常識!



怖れに巻き込まれないで。

商業ベースで考えられた怖れに乗らないで。

怖れに乗ると、次から次へと必要のないものを

買わなければいけなくなってしまう・・・らしい(笑)

----------------------------------------------------------------------------------------------------


今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。







「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

すべては商業ベースです。

あなた達の社会はもう飽和状態なのです。

これ以上、物が売れない・・という状態になってしまっているのです。

だから、必要のないものを作り出し

それを売らなければいけないのです。

そのためには、どうすればいいのでしょうか?



そうです・・怖れを作り出すのです。

怖れを作り出すと、それに関するものが

たくさん売れるようになるのです。

怖れ・・死や病気ももちろんですが、

人からどう思われるか?ということです。

いま盛んに煽っている武器もそうですね。

死や病気に対する怖れを刺激することで

医療や薬、サプリメントが売れます。

人からどう思われるかという怖れを刺激すると

流行遅れの服を着ると恥ずかしいと思い

必要以上の衣服が欲しくなり

より幸せであることをアピールするために

(人より優れている、豊かであるとアピールするために)

ぜいたくなものが欲しくなり、

そして体型や髪型、体臭などが気になります。

そのため、衣料品や高級品、サプリメントなどが売れるのです。

他の国との争い?を煽ることによって武器もたくさん売れるのです。


すべては、物を買わせるための商業ベースだということです。

怖れから物を買う・・本当に必要ではない物をたくさん買うようになる。

そのために必要以上の労働をしなくてはいけなくなる。

そして、働き過ぎて心身ともにクタクタになり、

その疲労を紛らわせるためにまた必要のないものを買い

そのお金を稼ぐためにまた必要以上に働く・・・

その悪循環に陥ってしまっているのです。

生活するのに必要なものだけを買う・・

そうすれば、必要以上に働く必要はなくなるのです。


怖れに巻き込まれないでください。

商業ベースで考えられた怖れに乗らないでください。

怖れに乗ると、次から次へと必要のないものを

買わなければいけなくなってしまいます。

必要のない労働をしなければいけなくなってしまいます。

あなたの人生の目的が、物を買うことになってしまいます。

それでは、人生の質(クオリティー・オブ・ライフ)が低くなってしまいます。

あなたは、必要なものはすべて手にしています。

そして、テラに存在するために本当に必要なものは、

必要な時に、必要なだけ必ず手に入るのです。

怖れから欲しがらないでください。

怖れを手放せば、あなたは豊かな人生を

ゆったりを過ごすことが出来ます。


あなたに愛を込めてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール! 


(ここまで)

今、いちばん照合ベースで恐ろしいのはワクチンでしょう。

これから冬になるとインフルエンザが流行し始めますが、必ず季節前に

インフルエンザの第一次流行が起きます。

これはインフルエンザワクチンを打ってもらうためです。

インフルエンザワクチンが売れれば、製薬会社は儲かるし、病院や開業医も

儲かります。

インフルエンザワクチンが売れるだけでなく、それを治療するための解熱剤

抗炎症剤がたくさん売れるのでいちばんの稼ぎ時なのです。

インフルエンザが本格的な冬を迎える11月中旬から下旬にかけて流行の

きざしを見せるのは先日「豚コレラ対策にワクチンを空中散布すればよい」

という記事で指摘したように、ワクチンが空中散布できるならばインフル

エンザウイルスも空中散布できるはずです。

したがって、ケムトレイルと一緒に撒いているのでしょう。

しかし、ワクチンの問題はそれだけにとどまらず、方々で指摘されているように

ワクチンに添加されている水銀用物質や他のウイルス、サルなどの動物組織

あるいは死亡胎児の組織を利用した培養などが行われていて、それらの人体に

与える影響が問題となって表面化してきています。

日本では陰謀論の範疇を超えないので多くの人が注目するに至ってないのが

現状で、厚生労働省の医療政策の問題点ともなっています。

こうしたワクチンも風邪という疾患を怖れとして使っているものです。

なぜにこうしたことが公然と行われるのかという点については不明ですが

おそらく、人類という種族の劣化とハイブリッド種族を創ることが目的では

ないかと推察します。

私たちは地球人というホモサピエンス単独で存在するものではなく、多くの

異星人の関与があります。そうした中で様々なことが行われているのが今の

地球です。

そのため、私たちは真実を知る必要があり、それを知ることで怖れをベースと

した商業主義から自らを守らないといけないものです。

もっとも、いちばん簡単なのはそうしたCMを見ず、自然素材を利用した生活を

続けることがいちばんなのです。











nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

群馬県の八ッ場ダムが台風19号で活躍したと話題になっている [政治・経済]




(ここから)

群馬県の八ッ場ダムが台風19号で活躍したと話題になっています。




八ッ場ダムは今年6月に完成したばかりのダムで、10月1日から試験湛水で水を貯め始めていました。本来は試験湛水で耐久確認などを終えてから本格的に稼働させますが、巨大な台風19号が接近したことを受けて、そのままぶっつけ本番で貯水を開始。
懸念されていたダムの耐久不足も見られず、見事に満杯付近まで雨水を貯め込むことに成功しました。

13日未明には下流の利根川が氾濫寸前となっており、八ッ場ダムが無ければ利根川の決壊は起きていたかもしれないと言われているところです。

(ここまで)

一方では、関東地方上流のダム決壊を防ぐために放流したところもありました。その結果が
どうなったかはわかりませんが、台風が来る前に放流できなかったのだろうか?
過去には放流で壊滅的被害を受けた事実もあるというのに・・・。


<ここから>

関東地方整備局は12日夜、利根川水系神流(かんな)川の下久保ダム(埼玉県神川町)で緊急放流(異常洪水時防災操作)を行う可能性があると発表。その後、次々と各地のダムで同様の発表を出した。

 今回、関東甲信越で12日夜から13日朝にかけて緊急放流を行ったのは、美和ダム(長野県伊那市)▽竜神ダム(茨城県常陸太田市)▽水沼ダム(同県北茨城市)▽城山ダム(神奈川県相模原市)▽塩原ダム(栃木県那須塩原市)-の5カ所。緊急放流との関係は不明だが、水沼ダムの下流域にある茨城県北茨城市の大北川で越水が確認された。

 他にも、中禅寺ダム(栃木県日光市)など数カ所では、緊急放流の可能性があることを周知した後、水位上昇が収まったため、実施されなかった。関東地整が最初に可能性があると発表した下久保ダムでも行われなかった。

 緊急放流は大雨でダムの貯水量が急激に上がり、事前に行っている洪水調節が間に合わない場合、決壊してあふれ出すのを防ぐために流入量と同量を放流する緊急措置で「例外中の例外」とされる。昨年7月の西日本豪雨では6府県の8カ所で実施された。
PR

 西日本豪雨では上流のダムで緊急放流が行われた愛媛県西予市で、河川が氾濫し700棟近い住宅が全半壊もしくは浸水し、5人が死亡した。

<ここまで>





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

政府が台風19号で日本が大被害を受けている間にやったこと [政治・経済]

政府は台風19号が日本に接近し、上陸しても何もしませんでした。国民に注意を
呼びかけることもせず、いったい何をやっていたのか?

その内容を知れば知るほど国民をないがしろにしていることがよくわかります。
もっとも、政府は今回の台風19号が人工的に操作されていることを事前に知って
いたはずなので、何もするなと言われていたのでしょう。





10月から消費税が上がったことに対する不満を封殺するために今回の台風を引き
起こしたように思います。9月には増税前の台風15号がありましたからね。
いずれも国民の不満をそらすためでしょう。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の6件 | -